記事一覧

第12回供米田(くまいでん)中学校区地域防災大会をお手伝いしました

平成28年10月22日(土)、当社が企画・運営を担当する地元名古屋市中川区供米田(くまいでん)中学校区の地域防災大会が開催されました。
今年で12年目となる大会には朝から地元の皆さんを中心に約400名が集い、公助・共助・自助それぞれの出展ブースで活発に体験・交流しました。

ファイル 153-1.jpg
ファイル 154-2.jpg

正午前には中学校の運動場で地元の2つの消防団による合同放水訓練が披露され、いざという時の共助力の高さがアピールされました。

ファイル 153-3.jpg
ファイル 153-4.jpg

続いて「本邦初」と題して「炊き出しバイキング試食会」が行なわれ、中・高生や子ども会・婦人会の皆さんによる炊き出しと各種おにぎりが並べられ、参加者たちが舌鼓を打ちました。

ファイル 153-5.jpg
ファイル 154-1.jpg

午後からはレスキューストックヤード・浦野さんによる「シェイクアウト訓練」と「熊本地震被災地支援活動報告」に続き、名古屋大学減災連携研究センター・福和先生による「熊本地震から当地への教訓」と題した講演が行なわれて、一同真剣に耳を傾けました。

ファイル 154-3.jpg
ファイル 154-4.jpg


今年は例年とは違う趣向で医師会・歯科医師会・薬剤師会とも共催し、後半は医師らによる各種災害訓練に参加するという充実した一日となりました。

ファイル 153-2.jpg
ファイル 154-5.jpg

当社は本業を通してハード面の災害への備えや発災後の復旧活動で貢献するだけでなく、平時の地域の共助力向上にもお役に立ちたい願ってこの大会を支えてきました。今年の大会を無事終了して、以前よりはるかに地域の顔が見える災害に強い地区になってきたとの想いを強く抱いています。

戸田川清掃活動に対して感謝状をいただきました

平成28年11月3日うららかな秋空の文化の日に当社地元を
流れる戸田川の清掃活動が実施されました。

ファイル 152-1.jpg

地域住民に加えて区役所・土木事務所、地元企業も参加し、
皆さん熱心に取り組みました。

ファイル 152-2.jpg
ファイル 152-3.jpg

今年で15年目のこの清掃活動の結果、戸田川は大変綺麗に
なりました。初回から人員・車両などを提供してきた当社は、
15回連続参加を記念して中川区役所から感謝状をいただき
ました。当社はこれからも地域と共に歩む所存です。

ファイル 152-4.jpg
ファイル 152-5.jpg

平成28年10月22日(土)第12回供米田中学校区地域防災大会を開催!

ファイル 151-1.jpg
※クリックするとPDFが開きます。

今年の大会は医師会災害訓練との共催のため
開催時間帯が例年とは違います。
案内チラシをご確認の上、
奮ってご参加ください!

この夏、たくさんの子どもたちとの出会いがありました【3】

3.「もったいない精神」「再利用」などを学ぶ出前講座
 建設業の強みの一つに「資器材の最適調達」があると思います。そのことに「エコ」の視点を加えて「あり合わせの材料で楽しく工作する(エコ工作)」出前講座を今年度から新たに活動メニューに加えました。
 この講座ではあらかじめ出前講座を実施する学校・児童施設などに出向いて綿密な打合せと下見をして、「何をつくるか」「余った材料はないか」などを検討して講座当日に臨みます。毎回オーダーメイドの活動となるハードルの高い取り組みですが、その分達成感も高いやりがいのある講座です。

ファイル 149-1.jpg
ファイル 149-2.jpg
ファイル 149-3.jpg
ファイル 149-4.jpg

この夏、たくさんの子どもたちとの出会いがありました【2】

2.「自助」の大切さと耐震構造を学ぶ出前講座
 「持続可能な発展」が大切な視点となった昨今、「自然災害も重大な環境破壊である」という認識も深まりつつあります。そして自然災害による環境破壊を最小限に食い止め、不幸して被害が発生すれば速やかに復旧活動に駆けつける建設業の大切さも合わせて知ってほしいと考えて出前講座に加えました。
 この講座では最初に「自分の命は自分で守る」という防災上の大原則を確認した上で災害時に尽力する建設業界の行動を学び、最後に「ストローハウス」(ストローとゼムクリップを利用した耐震構造学習教材)に挑戦してもらいます。

ファイル 148-1.jpg
ファイル 148-2.jpg
ファイル 148-3.jpg
ファイル 148-4.jpg

ページ移動